住宅ローンシュミレーションで攻めの返済をするには?

住宅ローンシュミレーションの一番の効用は、自分が必要とする資金とその支出時期がわかることです。
必要となる資金が少ない時期に多くの貯蓄をしたり、繰上返済をすることで将来お金がかかる時期に慌てずに済みます。
繰上返済はできる時期にしておくことで、完済時期をかなり早めることができますし、繰上弁済の方法によっては毎月の弁済額を少なくすることが可能です。
住宅ローンシュミレーションの結果をバカにすることなく、資金が余剰となる時期に繰上弁済を積極的にしたり、貯蓄をすることで将来お金が必要となった時期に慌てることなく対処ができます。
住宅ローンは大型ローンですが、それだけに計画を立てるか否かで結果が大きく変わります。
住宅ローンランキング!低金利・固定・変動・借換えでおすすめの銀行は?